Maison Caironi Blog

ゴキブリを駆除する時の注意点について解説します

夏の暑い日に増えるというゴキブリ。最近暑い日が増えてきたので、いつ家の中に出てくるのか、恐ろしい気持ちで毎日を過ごしている方が多いのではないでしょうか。

特に東京は、飲食店が多く、ゴキブリが出やすいと言われています。今年初めて東京で夏を迎える方、これまで何度も東京で夏を過ごしてきた方、どちらの方もゴキブリを見かけたら、しっかりと駆除することを心がけてくださいね。

ゴキブリを駆除する時にやってはいけないこと

ゴキブリを駆除するのに、やたらと駆除しても効果はありません。また、間違えた方法では、いろいろと問題が起こることもあるので注意が必要です。

例えば、マンガなどでよく見るのは、ゴキブリが出たらスリッパや新聞紙を丸めたものなどを使ってつぶすという駆除の方法です。ゴキブリを恐れない方なら、自らの手で確実に退治できる良い方法のように見えますが、NGです。

なぜなら、ゴキブリをつぶして退治すると、あたりに菌がまき散らされるようになります。場所によりますが、菌が原因で健康を損ねる危険性が高まってしまうので、ゴキブリを見つけてもつぶすのは絶対にやめましょう。

一番いいのは、スプレー剤などで弱らせ、袋に包んで捨てることです。袋に包めば、出てくることがありません。

また、弱らせた後に逃げられた場合、そのまま放置しないようにというのも注意点です。弱ったゴキブリが卵を産み、幼虫が増えるというケースがあります。見つけたゴキブリは確実に駆除してくださいね。

使うアイテムはなんでもいいの?

ゴキブリを駆除するためのアイテムも様々。「どれを使っても効果は同じでしょ」と思う方もいるかもしれませんが、種類によって効果が違うので、正しく使いましょう。

例えば、見つけたその場で駆除したいのに、毒餌タイプのアイテムを使うのは、あまり効果があるとは言えませんよね。餌があるとはいえ、人間がいるところにゴキブリは寄ってきません。見つけたその場で駆除するなら、スプレー剤がおすすめです。

ただし、キッチンなどでスプレー剤を使うと、食器や食材にかかってしまう可能性があります。健康に影響するので、キッチンなどでは泡タイプの殺虫剤がおすすめです。

姿の見えないゴキブリを駆除するなら、毒餌タイプが効果的です。毒餌タイプのアイテムは、家の中にいるゴキブリをまとめて駆除できるのがメリット。徹底して駆除したい時におすすめです。

ゴキブリ駆除の専門業者

徹底して駆除するのなら、専門の業者に駆除を依頼する方法があります。ゴキブリ駆除の専門業者というと、飲食店などの企業向けにサービスを展開しているというイメージがあるかもしれませんが、東京のゴキブリパトロール(ゴキパト)のように、一般の家庭向けにゴキブリ駆除のサービスをしている業者もあります。

ゴキブリにおびえず、安心した生活を送るなら、現れてからの駆除だけではなく、現れる前の対策も大切です。対策方法についても、調べればたくさん出てくるので、快適な夏を送れるように、いろいろと試してみてくださいね。