自然素材の住宅のメリット・デメリット

自然素材の住宅のメリットとして、まず、健康によいことがあげられます。_x000D_
人体に有害な化学物質が含まれていないため、赤ちゃんから高齢者まで安心して暮らすことができます。_x000D_
現代の建築の多くは、接着剤・防腐剤・防虫剤等の化学物質が含まれる建材を使用しています。_x000D_
それらが引き起こす健康被害(=シックハウス症候群)として、目の痛み・かゆみ、鼻水、皮膚炎、のどの痛み、頭痛、吐き気等が報告されています。_x000D_
無垢材の家に住んでからアトピーが改善したとの声もあげられています。_x000D_
_x000D_
第二に、その住み心地があげられます。_x000D_
天然の素材ならではのあたたかさ、美しさ、気持ち良さは従来の住まいでは感じることのできない魅力です。_x000D_
また、月日が経つにつれて色合いや肌触りが変わってくることも、住まいの楽しみになるでしょう。_x000D_
_x000D_
デメリットとしては、天然の素材ゆえの色のばらつき、乾燥や経年劣化による変形・変色があります。_x000D_
また、材料自体の値段が合成建材よりも高く、漆喰や珪藻土は施工にも手間がかかるため全体のコストが高くなることがあります。_x000D_
使用する素材やハウスメーカーによってコストは異なります。_x000D_
使用したい素材や予算等、メーカーに相談することで、具体的な提案が得られます。