RC造の建物のメリット

RC造とは、英語のReinforoced Concrete Constructionを略したもので、鉄筋コンクリート構造を意味するものです。RC造では、柱や梁など建物の主要部分に、組んだ型枠の中に鉄筋を入れコンクリートを流し込んだものを骨格として用います。RC造は、主に中高層のビルやマンションに使われていますが、いろいろな性能の高さから一般住宅にも多く選ばれています。_x000D_
RC造の建物のメリットは、まず、非常に高い耐久性があることです。引張力が強い鉄筋と圧縮力の強いコンクリートを組み合わせているため、それぞれの欠点をカバーしながら、強度を高めることが可能になっています。たとえば、アルカリ性のコンクリートに囲まれることで、鉄筋のさびやすいという欠点は抑えられ、より耐久性が高められることなどがあります。さらに、コンクリートは不燃材料であるため、耐火性が非常に優れています。機密性や断熱性の高さから省エネ効果を期待することもでき、遮音性が高いという特性もあります。また、外力を面で受け止めるという構造なので、耐震性もあります。ほかにも、建物のデザイン等の自由度が高いというメリットもあります。構造形式には、ラーメン構造、壁式構造、アーチ構造などがあり、目的によって選ぶこともできます。