RC住宅の特徴とメリットについて

RC(Reinforced Concrete、鉄筋コンクリート)住宅は、その正式名称の通り、鉄筋コンクリートで作られた住宅です。鉄筋コンクリートで作られているだけあって耐震性や断熱性、遮音性に優れており、住宅そのものの寿命も非常に長いというメリットがあります。さらに、木造建築の様にシロアリや結露や湿気による腐食を心配する必要もありません。_x000D_
_x000D_
さらに、RC住宅の最大のメリットと言えるのが、構造の自由度の高さです。RC住宅はコンクリート製の壁で建物を支える作りになっているため、柱によって構造を制限されることがありません。そのため、木造や鉄骨の住宅よりも、空間を大きく作ることができるのです。また、外面もコンクリートであることを利用して、様々な工夫を凝らすことができるため、自分の思い描いた住宅を実現させやすくなっています。_x000D_
_x000D_
ただし、RC住宅は、コンクリートを使うために住宅そのものが重くなるため、地盤によっては建築が困難となる場合もあります。また、全体的に建築費が高額となるという問題もあるため、注文しにくいというのも事実です。ただし、前述のように、建物の寿命は非常に長いため、総合的に見れば、高額な費用は耐久年数の長さでお釣りがくるものと言えるでしょう。_x000D_