木材を使用した家具の特徴とは

家に置くだけであたたかみを感じたり、部屋をパッと明るく見せてくれる木の風合いはとても魅力的なものです。_x000D_
木の種類や加工の方法で全く表情が違う木の家具ですが、その種類によって使い心地や耐久性にまで違いが出ます。_x000D_
見た目やサイズで選ぶのも良いですが、木材の種類を知ることで使う場所にあったものを選ぶことができます。_x000D_
木の種類で世界的に有名なものとしては、ウォールナットやチーク、マホガニーなどがあります。_x000D_
ウォールナットは黒っぽく美しい木肌が特徴で、その重厚感と高級感のある色味や時を経て更に風合いが増すというところから絶大な人気を誇ります。_x000D_
チークは厳しい環境で生育されることから強靭な耐久性と耐水性があり、さらに独特な光沢と美しい木目があります。_x000D_
マホガニーは希少価値が高く、美しい艶があります。_x000D_
この他にも多種多様な種類があり、弾力に富んでいて曲木細工に使用されるブナの木や加工性に優れたホワイトオークなど実に多彩です。_x000D_
また、加工方法で言うと、ひとつの木から切り出した一枚板の無垢材は丈夫で見た目の自然な風合いも人気で、トチなどは自然な荒々しさが出て特に人気です。_x000D_
薄く切った板を重ねた合板は外側に使われていることが多く、塗装を施したりして化粧板としても使われます。_x000D_